ELISAキット

PD-L1定量用キット
▶ヒトPD-L1 ELISAキット​

血液サンプルや細胞培養上清からヒトPD-L1を高感度に定量できます!

 がん細胞は、活性化T細胞表面に発現するPD-1受容体に対するPD-L1(プログラム細胞死リガンド-1)を表面に発現し、PD-1/PD-L1結合を介してT細胞の活性を抑制することにより、免疫監視機構を回避します。

 近年、これらの免疫監視機構をがん治療に応用し、抗PD-1抗体薬や抗PD-L1抗体薬はこの結合を阻害することでT細胞の活性化を増強することを目的として開発され、これまで様々な固形がんでその臨床効果や安全性が確認されています。

 しかしながら、初期効果後の治療抵抗性が多く観察されておりますが、抗PD-L1抗体薬に対する耐性のメカニズムはほとんどわかっていませんでした。

 最近、抗PD-L1耐性NSCLC患者から、膜貫通ドメインが欠損している2つのユニークな分泌型PD-L1スプライシングバリアントが同定されました。

 その分泌型PD-L1スプライシングバリアントが「おとり」として作用することによってPD-L1阻害薬に対する耐性を誘導することが示唆され、また、分泌型PD-L1スプライシングバリアントが検出された患者における血漿(エクソソームフリー)または胸水中の可溶性PD-L1のレベルは、健康なドナーまたは分泌型PD-L1変異体を伴わない患者よりも高いものでした。

 さらに、可溶性PD-L1の血中濃度は、がん患者の臨床病理学的特徴、治療反応、および生存転帰を予測する可能性があることも示唆されています。

 本キットは、免疫チェックポイント関連分子であるPD-L1に対する高性能抗体を用いた1ステップサンドイッチ法により、サンプル中のヒトPD-L1を高感度に定量することができます。

特長

  • ヒトPD-L1を1Step ELISA法で高感度に検出できます。

  • 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定できます。

データ例

  • 標準曲線

  • ​検出感度
    ​1pg/mL

  • ​添加回収(血清、血漿)

  • 細胞培養上清

​製品情報

本製品は、コスモ・バイオ 株式会社を通じて販売予定しております。

アクセス

〒567-0085

​茨木市彩都あさぎ7-7-18

 

お電話、FAX

電話番号:072-657-9980 

FAX:072-657-9980

© 2023 コンサルティング社 Wix.comを使って作成されました