ELISAキット

ヒト由来エクソソーム定量用キットのラインナップ
▶ヒト由来エクソソーム定量用CD9/CD9 ELISAキット​
▶ヒト由来エクソソーム定量用CD63/CD63 ELISAキット​
▶ヒト由来エクソソーム定量用CD81/CD81 ELISAキット​
IMG_3631.JPG

エクソソームの定量法としては、エクソソームが含むタンパク量で代替したり、ナノトラッキング法による粒子解析がありますが、これらの方法は超遠心法などで一旦エクソソームを精製する必要があります。

体液中や細胞培養液中のエクソソームを直接定量する手段は極めて限られており、これまで一般的な方法は開発されてきませんでした。

本キットは、エクソソーム・マーカーであるCD9,CD63,CD81それぞれに対する高性能抗体を用いたサンドイッチELISAにより、表面にCD9,CD63あるいはCD81分子を持つエクソソームを相対的に定量することができます。

特長

  • 血液サンプルや細胞培養上清などに含まれるエクソソームを直接定量できます。

  • 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定できます。

  • 標準試薬として保存安定性に欠けるエクソソームそのものを使用せず、CD9,CD63あるいはCD81を固定した粒子径200nmのビーズ(CD9,CD63あるいはCD81スタンダードビーズ)を利用することで安定性と再現性を確保できます。

  • エクソソーム構造を模したCD9,CD63あるいはCD81スタンダードビーズにより補正することで各サンプルの相対定量が可能です。

  • 固相化したCD9抗体,CD63抗体あるいはCD81抗体でエクソソームを捕捉し、HRP標識したCD9抗体、CD63抗体あるいはCD81抗体で検出します。

データ例

3種類のヒトがん細胞株(HeLa, HCT116, HepG2)の培養上清(無血清)から超遠心法で精製したエクソソームを500ng/mLの濃度に希釈し、それぞれCD9/CD9ELISA(左図)あるいはCD63/CD63ELISA(右図)で測定しました。定量値はCD9(あるいはCD63)タンパク質を固定したスタンダードビーズによる標準曲線にあてはめてそれぞれのスタンダードビーズ相当量(ng/mL)で示しました。その結果、細胞腫によって表面のCD9、CD63の相対量に特長があることが分かりました。

CD9およびCD63定量値グラフ_edited.png

図 ​CD9/CD9 ELISAあるいはCD63/CD63 ELISAによる精製エクソソームの定量

*スタンダードビーズ:FS 200nm Euビーズ(多摩川精機株式会社)にCD9、CD63などの

                                細胞外ドメイン(大ループ)組換え蛋白質を固相化したもの。

​製品情報

Exosome 価格表.jpg