SARS-CoV-2関係【新発売】

​バックグラウンド
  アンジオテンシン変換酵素2( Angiotensin-converting enzyme 2 、ACE2)はACE ホモログとも呼ばれ、ACE とかなり相同性のある内在性膜タンパク質です。ACE2 は血圧調節に関与するレニン・アンジオテンシン系で働く因子の一つとして知られていましたが、最近になり、COVID-19 の原因である新型コロナウイルスがヒトの細胞に感染する際、細胞膜に存在するACE2 に結合してから細胞内に取り込まれることが明らかとなり、ACE2 は新型コロナウイルスの受容体でもあると考えられています。(1)
 ヒトACE2 蛋白・His タグ (HAK-ACE2_UL-1) を96穴プレートに固相し、ウイルス蛋白の受容体結合ドメインをウサギFc と結合させた融合蛋白であるSARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ(HAK-SPD_UL-1)またはビオチン化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ(HAK-SPD_bio-1)を加え、HRP 標識した2 次抗体やストレプトアビジンで検出させることで、高感度なバインディング・アッセイを提供します。
SARS-CoV-2 スパイク蛋白とACE2 との結合実験プロトコール
 詳細なバインディング・アッセイおよび競合法による結合阻害物質スクリーニングのプロトコールを提供しております。
​ こちらから、PDFをダウンロードしてご覧いただけます。
​ヒトACE2蛋白・Hisタグ(100µg)
(Angiotensin-converting enzyme 2(ACE2)protein 、His tag, HAK-ACE2_UL-1)
製品情報
1. タンパク質構造
 ヒトACE2 蛋白・His タグ (HAK-ACE2_UL-1) は、ヒト・アンジオテンシン変換酵素2 の細胞外領域に相当するSer19-Pro738 のC 末端にポリヒスチジンタグを付けてHEK293 細胞で発現させ、Ni カラムを用いて精製したものが含まれています。
2. 純度
 >95%(SDS-PAGE)
3. 組成
 ヒトACE2 蛋白・His タグ 1mg/mL、0.1MPBS(pH7.2~7.4)
4. 保存
 凍結融解の繰り返しは避けてください。
 製品は受領時に-70°C 以下で保管して下さい。使用時に小分け分注を推奨します。
5. SDS-PAGE
 本製品430ng を4~20%グラジエント・ゲルで電気泳動し、CBB 染色した。(図1)

 
使用例
1. バインディング・アッセイ
 固相化した0.156-10μg/mL のヒトACE2蛋白・His タグ(100μL/ウェル)に0.8μg/mLの
ビオチン化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグを結合させ、HRP 標識ストレプトアビジンで検出した。
 この際の検量線において、線形範囲(リニアレンジ)は0.156-1.25μg/mL であった。(図2)
2. 競合法による結合阻害物質スクリーニング
 固相化した1μg/mL のヒトACE2 蛋白・His タグ(100μL/ウェル)と600ng/mL のビオチン
化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグの結合反応に10-5000ng/mLの結合阻害物質(SARS-CoV-スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ)を添加し、HRP 標識ストレプトアビジンで検出した。
 この際の50%阻害濃度(IC50)は140ng/mL(2.7nM)であった。(図3)
図1 SDS-PAGE
図2 バインディング・アッセイ
図3 競合法によるインヒビション・アッセイ
​SARS-CoV-2スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ (100μg)
(SARS-CoV-2 Spike glycoprotein Receptor-binding domain、Rabbit IgG1 Fc tag, HAK-SPD_UL-1)
製品情報
1. タンパク質構造
 SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ(HAK-SPD_UL-1) は、
SARS-CoV-2Spike glycoprotein Receptor-bindingdomain のArg319-Phe541 の
C 末端にウサギIgG1 Fc タグを付けてHEK293 細胞で発現させ、プロテインA カラム
を用いて精製したものが含まれています。
2. 純度
 >95%(SDS-PAGE)
3. 組成
 SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ 1mg/mL, 0.1M-PBS(pH7.2~7.4)
4. 保存
 凍結融解の繰り返しは避けてください。
 製品は受領時に-70°C 以下で保管して下さい。使用時に小分け分注を推奨します。
5. SDS-PAGE
 本製品500ng を4~20%グラジエント・ゲルで電気泳動し、CBB 染色した。(図4)
使用例
1. バインディング・アッセイ
 固相化した1μg/mL のヒトACE2 蛋白・His タグ(100μL/ ウェル) に0.293-1200
ng/mL のSARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグを結合させ、HRP 標識
ウサギIgG 抗体で検出した。この際の検量線において、線形範囲(リニアレンジ)
は0.293-18.8ng/mL であった。(図5)
図4 SDS-PAGE
図5 バインディング・アッセイ
​ビオチン化SARS-CoV-2スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ (20μg)
(Biotin labeled SARS-CoV-2 Spike glycoprotein Receptor-binding domain、Rabbit IgG1 Fc tag, HAK-SPD_Bio-1)
製品情報
1. タンパク質構造
 ビオチン化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ(HAK-SPD_bio-1)は、
SARS-CoV-2 Spike glycoproteinReceptor-binding domain のArg319-Phe541 の
C 末端にウサギIgG1 Fc タグを付けてHEK293 細胞で発現させ、プロテインA カラムを
用いて精製し、ビオチン化したものが含まれています。

2. 純度
 >95%(SDS-PAGE)
3. 組成
 SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグ 1mg/mL, 0.1M-PBS(pH7.2~7.4)
4. 保存
 凍結融解の繰り返しは避けてください。
 製品は受領時に-70°C 以下で保管して下さい。使用時に小分け分注を推奨します。
5. SDS-PAGE
 ビオチン化前の本製品500ng を4~20%グラジエント・ゲルで電気泳動し、
CBB 染色した。(図6)
使用例
1. バインディング・アッセイ
 固相化した1μg/mL のヒトACE2 蛋白(100μL/ウェル)に29-21000ng/mL のビオチン
化SARS-CoV-2 スパイク蛋白RBD・ウサギFc タグを結合させ、HRP 標識ストレプト
アビジンで検出した。この際の検量線において、線形範囲( リニアレンジ) は
29-798ng/mL であった。(図7)
​参考文献
(1)Alexandra C. Walls, Young-JunPark, et al., Cell 180, 1-12 (2020)
​希望小売価格
図6 SDS-PAGE
図7 バインディング・アッセイ
本製品は、コスモ・バイオ 株式会社を通じて販売しております。
コスモ・バイオ株式会社_​当社製品リストはこちら 

アクセス

〒567-0085

​茨木市彩都あさぎ7-7-18

 

お電話、FAX

電話番号:072-657-9980 

FAX:072-657-9980

© 2023 コンサルティング社 Wix.comを使って作成されました