抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質組換えキメラ抗体(ヒト/マウス)

​バックグラウンド

 

 2019年に中国で発生した新型コロナウイルス 感染症(Covid-19)によるパンデミックは世界中に広まり、2021年7月末の時点では世界で1億9719万人が感染し、421万人が死亡しています。Covid-19の原因ウイルスとして同定されたSARS-CoV-2は全長約30,000塩基対のRNAを遺伝子として持つコロナウイルスの一種ですが、ウイルスゲノム中のS遺伝子にコードされたスパイクタンパク質はウイルス表面に発現する膜タンパク質です。スパイクタンパク質はS1、S2の二つのドメインから構成されます。
 SARS-CoV-2が細胞に感染する際、まず細胞表面のアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)にスパイクタンパク質のS1ドメインが結合し、その後ウイルスが細胞内に取り込まれることが明らかとなっており、ACE2はSARS-CoV-2の受容体と考えられています。さらに、スパイクタンパク質についてはS1ドメインの構造解析から、ACE2に結合する狭い領域(受容体結合ドメイン、RBD)が同定されています(1)。
 本製品は、スパイクタンパク質S1ドメインのRBDに特異的かつ親和性が高い中和抗体の別売品であるマウス抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質抗体(Code No. HAK-ANTI-SPD-MAB-1)の可変領域とヒトIgG1の定常領域を融合させた組換えキメラ抗体です。

抗体情報
 
1.クローン名:A2-5A12H
2.抗体の詳細:抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質組換えキメラ抗体(ヒト/マウス)
3.クラス:IgG1/κ
4.免疫源:組換えSARS-CoV-2スパイクタンパク質(Val327~Thr531)
5.由来種:ヒト/マウス
6.アプリケーション:ELISA, スパイクタンパク質/ACE2結合阻害実験
 
製品の状態
​1.組成:0.1M-PBS(pH7.2~7.4), 0.2μmフィルターろ過
2.濃度:約 1mg/mL
3.保存:凍結融解の繰り返しは避けてください。製品は受領時に-70°C以下で保管して下さい。使用時に小分け分注を推奨します。

 
使用例
 
1.スパイクタンパク質とACE2の結合阻害
 ACE2タンパク質を固相した96穴マイクロプレートに、500ng/mLに希釈調製したビオチン標識RBDタンパク質と結合阻害物質である本製品抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質組換えキメラ抗体(ヒト/マウス)(0.8~1000ng/mL)を各50µL/ウェル添加し、室温で2時間静置反応しました。比較対象の抗体として、別売品でありオリジナル・クローンであるマウス抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質抗体(品番:HAK-ANTI-SPD-MAB-1)を用いました。
 それぞれの抗体で反応後、洗浄し、HRP標識ストレプトアビジンと発色基質を添加し反応させました。停止液を添加後、各ウェルの吸光度を測定しました。
 その結果、いずれの抗体もRBDタンパク質とACE2との結合を強力に阻害し、本製品の組換えキメラ抗体と別売品であるマウス抗SARS-CoV-2スパイクタンパク質抗体(品番:HAK-ANTI-SPD-MAB-1)のIC50値はそれぞれ10.3ng/mLおよび14.4ng/mLでありました。反応模式図と結合阻害活性は、以下のとおりです。

 
​                 図 反応模式図                             図 活性阻害試験
参考文献
  • Alexandra C. Walls, Young-Jun Park, et al., Cell 180, 1-12 (2020)

​希望小売価格

キメラ抗体 反応模式図.jpg
キメラ抗体 阻害試験.jpg
キメラ抗体 価格表.jpg
本製品は、コスモ・バイオ 株式会社を通じて販売しております。
コスモ・バイオ株式会社_​当社製品はこちら