ELISAキット, Dog

イヌ由来エクソソーム定量用キットのラインナップ
▶イヌ由来エクソソーム定量用CD9/CD9 ELISAキット​
▶イヌ由来エクソソーム定量用CD63/CD63 ELISAキット​
IMG_3631.JPG

血液サンプルや細胞培養上清からエクソソームを直接定量できます!

エクソソームの定量法としては、エクソソームが含むタンパク量で代替したり、ナノトラッキング法による粒子解析がありますが、これらの方法は超遠心法などで一旦エクソソームを精製する必要があります。

体液中や細胞培養液中のエクソソームを直接定量する手段は極めて限られており、これまで一般的な方法は開発されてきませんでした。

本キットは、エクソソーム・マーカーであるイヌCD9,CD63それぞれに対する高性能抗体を用いたサンドイッチELISAにより、表面に
イヌCD9,CD63分子を持つエクソソームを相対的に定量することができます。

特長

  • 血液サンプルや細胞培養上清などに含まれるエクソソームを直接定量できます。

  • 特殊な装置は不要で、通常のプレートリーダーがあれば測定できます(波長450nm)。

  • 標準試薬として安定化させたAZ-ACU(イヌ尿路上皮癌細胞)由来エクソソームを使用しております。

  • エクソソームスタンダードにより補正することで各サンプルの相対定量が可能です。

  • 固相化したイヌCD9抗体でエクソソームを捕捉し、HRP標識したイヌCD9抗体で検出します。

​標準曲線

一例として、エクソソームスタンダードに対する吸光度(OD450)をグラフに描くと下図のようになります。ただし、アッセイ毎に新たな標準曲線を描いて、サンプル中の濃度を算出してください。

CD9ELISAキットイヌ標準曲線.jpg

(各標準タンパク質濃度の吸光度からブランク吸光度を差し引いた値をプロットしています)

CD9ELISAキットイヌ標準曲線の表.jpg

図 エクソソームスタンダードによる標準曲線およびサンプル測定(一例、CD9/CD9 ELISA Kit, Dog)

​製品情報

イヌELISA価格.jpg